ホリプロと北海道・東川町がタッグ 地方活性プロジェクトが2月スタート

スポーツ報知
会見を行った松岡市郎町長(右)と菅井敦社長

 大手芸能界事務所「ホリプロ」と北海道・上川郡東川町が25日、都内で地域活性化を目的としたプロジェクト「ホリプロスピード」の新規事業「ホリプロメディアサポートセンターin東川町」の調印式を行った。

 「ホリプロスピード」は2019年から始まったプロジェクトで、企業や地方自治体の課題を、ホリプロの持つエンターテインメント力でプロデュースし解決していく。主に映像制作事業を中心として、地方自治体のPR映像を作成して、国内外に発信していく。

 今回の「ホリプロメディアサポートセンター」は、「ホリプロスピード」の新規事業で、ホリプロ社員が実際に東川町に移住し、より地域に密着したPR活動をサポートする。総務省が地方創生を応援する地域活性化起業人制度を活用し、町やふるさと納税のプロモーション映像を制作予定という。

 松岡市郎町長(71)は「1年足らずの期間で締結に至り、大変に光栄に思っている。このスピード感を私たちはしっかりと学んでいきたい。ホリプロの持つ人間力を借りながらPRできれば」。菅井敦社長(61)も「それぞれの地域には独自に抱える事情があります。東川町は自然に育まれ、伝統と文化がある。国内だけではなく全世界にも発信していきたい」と語った。

 東川町は、北海道のほぼ中央に位置する。人口は約8600人。豊富な森林資源と優れた自然の景観が観光資源として評価され、北海道でも唯一の「上水道のない町」と言われている。1985年には「写真の町」を宣言するなど文化での町づくりに取り組んできた。隈研吾氏と連携し「KAGUデザインミュージアム」の開設が2027年に予定されている。

 ホリプロ社員派遣は2月から始まり、役場のそばの施設にオフィスを置き、町内の2DKの物件を賃貸して生活する。期間は3年を予定しており、1年をメドに常駐する社員は順次交代する。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×