サッカー日本代表MF三笘薫、「工藤壮人選手ありがとうオークション」に出品 吉田麻也、田中碧らも参加

スポーツ報知
三笘薫のインスタグラム(@kaoru.m.0520)より

 サッカーのカタールW杯日本代表MF三笘薫(ブライトン)が日本時間25日に自身のインスタグラムのストーリーズを更新。昨年10月21日に32歳の若さで亡くなったJ3宮崎の元日本代表FW工藤壮人さんの家族をサポートするため、日本プロサッカー協会(JPFA)が23日から開催している「工藤壮人選手ありがとうオークション」に、サイン入りのランニングシューズを出品したことを明かした。

 黄色いランニングシューズを手にした写真とともに「#日本プロサッカー協会 『工藤壮人選手ありがとうオークション』にランニングシューズをサイン入りで出品いたしました」と投稿。「工藤選手のご家族をサポートするためにご協力よろしくお願いします」と呼びかけた。

 他にも、カタールW杯日本代表選手らをはじめ、多くのサッカー選手が出品。日本代表の主将を務めたDF吉田麻也は日本時間24日に自身のツイッターを更新し、「#日本プロサッカー選手会 として『工藤壮人選手ありがとうオークション』を実施いたします。僕はカタールワールドカップスペイン戦で使用したスパイクをサイン入りで出品いたしました」とスパイクの写真付きで報告。「工藤選手のご家族をサポートするためにご協力よろしくお願いします」と呼びかけた。田中碧、権田修一、相馬勇紀らもインスタグラムのストーリーズを更新し、カタールW杯で使用したアイテムを出品したことを報告し、オークションへの参加を呼びかけている。

 工藤さんは昨年10月3日に医療機関を受診し、水頭症と診断を受けた。水頭症は、脳全体を保護する役割を持つ脳脊髄液の循環や吸収の異常で、脳室が拡大する病気。同11日に手術を受けたが容体が悪化し、17日からICU(集中治療室)で治療を行っていたが帰らぬ人となった。

 オークションは第1弾は29日まで実施。第2弾は30日~2月5日、第3弾は6日~12日に実施される予定。オークションの売上金については、経費をのぞき、工藤壮人選手のご家族をサポートするために活用される。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×