2021年のマーメイドS優勝のシャムロックヒル引退、繁殖入りへ

スポーツ報知
21年のマーメイドSで重賞タイトルをつかんだシャムロックヒル(左)

 21年のマーメイドS・G3を制したシャムロックヒル(牝6歳、栗東・佐々木晶三厩舎、父キズナ)が引退すると、馬主の社台サラブレッドクラブが25日、発表した。

 19年7月にデビューした同馬は、翌年7月の10戦目で待望の初勝利。21年のマーメイドSでは10番人気の低評価ながらも50キロの軽ハンデを生かし、藤懸貴志騎手とのコンビで人馬ともに重賞初制覇を飾った。ラストランは22日のアメリカJCCの13着。レース後の疲労の色が濃く、クラブ規程の引退期限3月末までの出走は満足な仕上げが難しいことから、引退を決めたとしている。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×