女子ダブルスで優勝候補の平野美宇、石川佳純組が棄権 シングルスは出場予定…卓球全日本選手権

スポーツ報知
平野美宇

 卓球全日本選手権の主催者は25日、女子ダブルスで前回4強の平野美宇(木下グループ)、石川佳純(全農)組が棄権したと発表した。26日の4回戦が初戦となる予定だった。関係者によると、平野の「けがのため」だという。ともにシングルスには出場予定となっている。

 “かすみう”ペアは21年の東京五輪で抜群にコンビネーションを見せ、団体銀メダル獲得に貢献。世界ランク1位にも輝いた実績があった。前回大会は平野の体調不良のため準決勝を棄権。今大会で初優勝を目指していたが、2年連続で無念の棄権となった。

 平野はその後、自身のSNSを更新。「私の足の不調により、棄権することにいたしました。大変残念ですが、シングルス戦に全力を尽くしたいと思います」と心境をつづった。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×