大久保調教師が父の正陽元調教師しのぶ「師匠として親父として、尊敬するところはいっぱい」

スポーツ報知
21日に亡くなった大久保正陽・元調教師

 JRAは1月25日、大久保正陽(おおくぼ・まさあき)元調教師が病気のため1月21日に亡くなったと発表した。87歳だった。葬儀などは、家族葬として執り行われた。

 息子の大久保龍志調教師は、助手、厩務員時代に父の厩舎に所属し、ホースマンとしての姿に間近で接してきた。発表を受けて取材に応じ、「この世界で師匠は一人、親父だけですから。師匠として、親父として、尊敬するところはいっぱいある」と語った。

 1994年の3冠馬ナリタブライアン、92年の有馬記念、宝塚記念を制したメジロパーマーなど多くの名馬を管理した父の偉大さは身にしみて感じている。「在籍している時にブライアンみたいな馬を間近で見させてもらったことも大きな財産になっていると思います。超えていかないと、という気持ちもありますが、超えられないでかい山だなという気持ちもあります」と亡き父をしのんだ。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×