観月ありさ「よっしゃいこ!」体調不良の朝日奈央に代わり出席…同じ5月15日デビューのJリーグイベント

スポーツ報知
Jリーグ30周年オープニングイベントに出席した観月ありさ

 Jリーグ30周年オープニングイベントが25日、都内で行われ、女優の観月ありさ(46)がゲストで出席した。

 当初、同イベントに出演予定だったタレント・朝日奈央(28)が体調不良のため欠席。急きょ出席した観月は「本当は朝日奈央ちゃんが参加する予定だったんですけど、同じ事務所の後輩のためになるならと、『よっしゃいこ!』と来ました」と明かした。

 観月は91年の5月15日にシングル「伝説の少女」でデビュー。Jリーグは93年の5月15日に国立競技場で行われたV川崎(現・東京V)―横浜M戦で開幕してから30周年を迎えるとあり、同じデビュー日という縁で登場した。

 「勝手に縁を感じていて、うれしいなと思います。何かいいことがありそうだな。(Jリーグの)2個パイセンです。スタジアムにも行ったこともあるし、友達もサッカー愛にあふれた友達が多いので、よく見させていただいています」と笑顔で語った。

 また、全国各地に根ざしたJクラブを盛り上げるための方法として「地域のイベント、地域密着して活動されるのは1つありかなと思う。SNSで何かにチャレンジしたりして、その動画を流すのも皆さんにもっと見ていただける機会が増えると思います」と提案していた。

 30周年のコンセプト「よっしゃいこ!」にちなみ、自身が「よっしゃいこ!」と思ったことをトーク。観月は「舞台や歌手、女優をやる中で体力を使います。体力を落とさないようにトーレーニングに励み、体力を維持したい。あとは、コロナ禍で行けなかった旅行に行って、地域のJリーグを見に行きたい」と話した。

 同イベントには、Jリーグの野々村芳和チェアマン、サッカー解説者の松木安太郎さん、元日本代表の中村憲剛氏、槙野智章氏、内田篤人氏らが出席した。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×