オカダ・カズチカ、鷹木とのIWGP戦に集中「変な雑音が多かったですけれども」…新日・後楽園大会全成績

スポーツ報知
鷹木信悟を強烈なネックブリーカードロップで叩きつけたオカダ・カズチカ(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「THE NEW BEGINNING」大会(24日、東京・後楽園ホール)

 メインイベントの6人タッグマッチで、IWGP世界ヘビー級王者・オカダ・カズチカが海野翔太、矢野通と組んで、「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の内藤哲也、SANADA、鷹木信悟組と対戦。11日の大阪府立体育会館大会で挑戦を受けるKOPW2023タイトル保持者・鷹木と闘志満々の攻防を展開した。

 海野がSANADAを必殺のデスライダーで仕留めての勝利後、オカダはIWGP世界ヘビー、鷹木はKOPWのベルトを互いに誇示し合った。

 来月21日の武藤敬司の引退試合となるプロレスリング・ノア東京ドーム大会でのノアのGHCヘビー級王者・清宮海斗とのシングル戦出場を拒否する意思を明らかにしたオカダ。この日の試合後、IWGP世界ヘビーのベルトを肩にバックステージに現れると「やっと、プロレスが始まりました。ここに来るまでに変な雑音が多かったですけれども…」とポツリ。

 「僕が今やらなきゃいけない闘いっていうのは、このベルトを懸けた鷹木信悟との闘いなので」と言い切ると、「その闘いをしっかりと皆さんにお見せしつつ、また、どんどん、どんどん、新日本プロレスの闘いを上に上げていきたいなと思います」と決意表明していた。

 ◆全成績

 ▽20分1本勝負

 〇グレート―O―カーン(6分47秒 パンケーキホールド)大岩陵平●

 ▽タッグマッチ20分1本勝負

 〇外道、石森太二(ナックルパート→片エビ固め)マスター・ワト、邪道●

 ▽タッグマッチ20分1本勝負

 〇アーロン・ヘナーレ、フランシスコ・アキラ(9分16秒 アルティマ)DOUKI、TAKAみちのく●

 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負

 〇石井智宏、後藤洋央紀、YOSHI―HASHI、オスカー・ロイベ(11分59秒 逆エビ固め)ザック・セイバーJr.、シェイン・ヘイスト、マイキー・ニコルス、藤田晃生●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇エル・ファンタズモ、KENTA(13分21秒 サドンデス→片エビ固め)棚橋弘至、天山広吉●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇BUSHI、高橋ヒロム(10分23秒 MX→片エビ固め)YOH、田口隆祐●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇ウィル・オスプレイ、TJP(13分10秒 ヒドゥンブレード→片エビ固め)タイチ、金丸義信●

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負

 〇海野翔太、オカダ・カズチカ、矢野通(14分40秒 デスライダー→片エビ固め)内藤哲也、鷹木信悟、SANADA●

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×