書評家・北上次郎さん死去…椎名誠さんと「本の雑誌」創刊でエンターテインメント書評を確立

スポーツ報知
今月発売の「本の雑誌」に掲載された北上次郎さんの書評

 書評家、文芸評論家で「本の雑誌」創刊者、前社長の目黒考二(北上次郎)さんが19日午前10時、肺がんのため、死去していたことが25日、分かった。76歳だった。この日、「本の雑誌」社が公式ホームページで「【訃報】目黒考二 逝去のお知らせ」として発表した。

 葬儀は近親者のみにて家族葬として執り行う。香典、供花、供物の儀は辞退し、後日、お別れの会を執り行う予定としている。

 目黒さんは本名の他、文芸評論家・北上次郎、競馬エッセイスト・藤代三郎の名でも幅広い執筆活動を続け、エンターテインメント書評という新しい分野を確立した。

 作家・椎名誠さんらと「本の雑誌」社を設立し、日本の出版文化に大きく貢献した。同社では「大変恐縮ではございますが、ご遺族および椎名誠氏へのお問い合わせや取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます」としている。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×