大久保正陽元調教師が死去 87歳 1994年3冠馬ナリタブライアンなどを管理

スポーツ報知
94年菊花賞、ナリタブライアンで3冠を達成した大久保正陽元調教師(左から3人目)

 JRAは1月25日、大久保正陽(おおくぼ・まさあき)元調教師が病気のため1月21日に亡くなったと発表した。87歳だった。葬儀などは、家族葬として執り行われた。

 大久保正陽元調教師は現役時代、1994年の3冠馬ナリタブライアン、92年の有馬記念、宝塚記念を制したメジロパーマーなどをの名馬を管理した。現役で活躍する大久保龍志調教師は息子にあたる。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×