積雪で栗東トレセンは馬場開場1時間延長 CWコースなど閉鎖で最終追い切り延期の厩舎も

スポーツ報知
雪が積もった栗東トレセン。坂路は使用が認められた(カメラ・高橋 由二)

 24日夕方から25日の朝にかけて積雪した栗東トレセンでは、調教に様々な影響が及んだ。気温マイナス6度の午前7時に通常通り馬場が開場されたが、使用できたのは坂路とEダートコースだけ。時間も1時間延長されて午後1時まで調教が可能となったが、雪で真っ白に染まったCWコースやDPコースなどは閉鎖されたままだった。

 時間をずらして追い切る厩舎もあったが、シルクロードSに出走するテイエムスパーダ(牝4歳、五十嵐忠男厩舎、父レッドスパーダ)や根岸Sに出走するレディバグ(牝5歳、栗東・北出成人厩舎、父ホッコータルマエ)などは26日に最終追い切りを延期。北出調教師は「仕方ないよね。土曜(に出走予定)の馬は昨日(24日)に追い切ったから」と話していた。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×