福本豊さん、急死の元南海・門田博光さん悼む「酒の量も、練習量もえげつなかった」

スポーツ報知
南海時代の門田博光さん

 プロ野球歴代3位の通算567本塁打を記録し、南海、オリックスなどで活躍した門田博光(かどた・ひろみつ)氏が死去していたことが24日、分かった。74歳だった。かねて病気療養していたが、23日に予定されていた治療に現れず、病院から連絡を受けた警察が自宅で倒れているのを発見した。アキレスけん断裂の大けがを克服して40歳でプロ野球記録の44本塁打を放った左の大砲。44歳まで現役を続け、本塁打王3度、打点王2度、歴代4位の通算2566安打をマークするなど輝かしい野球人生を、スポーツ報知評論家で同学年の福本豊さんが悼んだ。

 * * * *

 打撃も性格も豪快な男やった。同学年で付き合いは長かった。現役時代は僕が阪急、門田が南海でパ・リーグでしのぎを削った。オリックスではコーチと選手の関係になった。大阪のABCラジオの専属解説者としてもコンビを組んだ。健康を損なってからは兵庫の山奥に引っ込んでしまい、最後に会ったのは2019年6月のアマ指導の資格回復講習やった。

 麻雀もよくやった。自分の手をさらして国士無双に向かい、周りがびびるのを楽しんでいた。「瓶に穴が空いているで」と店員を驚かせながら、雀荘のビールを全て飲んでしまった。時効やから言うけど、野球の解説中もコーラのカップの中身はビールやった。「飲みすぎやぞ」と叱ったこともあった。

 酒の量も、練習量もえげつなかった。1キロのバットで鉛のボールを打っていた。だからあの小さい体で王さん、野村さんに続く通算567本のホームランを打てた。共通の知人によると、最近は片方の耳が遠く、自宅から病院に行く途中で車を何回かぶつけたこともあると聞く。闘病生活が長く大変やったと思う。向こうの世界では体のことを気にせず、大好きなビールを思う存分に飲んでほしい。(スポーツ報知評論家・福本 豊)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×