【ヤクルト】中村悠平、侍の要へ 佐々木朗希&山本由伸の予習ばっちり

スポーツ報知
中村悠平

 WBCの日本代表に内定しているヤクルト・中村悠平捕手(32)が24日、予習バッチリで大会に臨む覚悟を示した。

 中村にとっては、2015年のプレミア12以来の国際大会。普段、接する機会が少ない投手とバッテリーを組むことが難しさでもある。だが、大谷(エンゼルス)やダルビッシュ(パドレス)らスター投手とのバッテリーに「プレッシャーもあるけれど、楽しみ」と胸を高鳴らせた。

 松山で行った自主トレには、今年からロッテ・松川やオリックスから日本ハムに移籍した伏見ら、捕手6人が参加した。WBCでバッテリーを組む可能性もある佐々木朗(ロッテ)や山本(オリックス)の女房役を務めてきた2人から情報を収集。佐々木朗について「この状況の時はこの球を使った方がいいとか、フォークがスライダー回転でひっかけてくるので、注意した方がいいとか、いろいろ聞いた。自分がイメージしてるのと、してないのでは全然違う。今後に生かせる」とリードの心得を学んだ。

 2月1日は1軍でキャンプインし、途中から宮崎での侍合宿に合流する。「積極的にコミュニケーションを取っていけたら」。世界一へ着々と準備を進めている。(森下 知玲)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×