【シルクロードS】昨秋の雪辱へナムラクレアが再スタート 長谷川師「先週から状態が上がってきた」

スポーツ報知
ナムラクレア

◆シルクロードS・G3(1月29日、中京芝1200メートル)=1月24日、栗東トレセン

 ナムラクレア(牝4歳、栗東・長谷川浩大厩舎、父ミッキーアイル)は坂路を軽く1本流して最終追い切りに備えた。「ちょっと重い感じがあったけど、先週から状態が上がってきた」と長谷川調教師は手応えを伝えた。

 2走前の北九州記念は進路を探すのに手間取って3着。前走のスプリンターズSでは外々を回らされるロスで5着と、不完全燃焼が続いている。「前走はよくないパターンだった。今年は結果が出るようにやっていきたい」とトレーナーは巻き返しに燃える。この中間はコース追いを取り入れて強化を図っており、進化したナムラクレアが見られそうだ。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×