20年3冠馬コントレイルの初年度産駒誕生 母スウィーティーガールの牝馬

23日に生まれたコントレイル産駒の牝馬(下河辺牧場提供)
23日に生まれたコントレイル産駒の牝馬(下河辺牧場提供)
21年ジャパンCで有終の美を飾ったコントレイル
21年ジャパンCで有終の美を飾ったコントレイル

 20年に無敗のクラシック3冠を達成し、21年のジャパンC優勝を最後に北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬生活を送っているコントレイル(牡6歳、父ディープインパクト)の初年度産駒が1月23日、北海道日高町の下河辺牧場で誕生した。同牧場が24日、ツイッターで発表した。

 アルゼンチンのG1勝ち馬、スウィーティーガール(スターダブラー)との間に産まれた牝馬で、「脚長でとてもいい馬ですよ」と牧場関係者は取材に答えた。SNSには早くも「元気に育って」「とうとうパパになったか!」の喜びの声が寄せられている。

23日に生まれたコントレイル産駒の牝馬(下河辺牧場提供)
21年ジャパンCで有終の美を飾ったコントレイル
すべての写真を見る 2枚

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×