SKY―HI、世界のビジネス目線を音楽シーンにも向けさせる「日本でやれるのは『BE:FIRST』」

スポーツ報知
インタビューに答えるSKY―HI(カメラ・小泉 洋樹)

 昨年12月に発売したSKY―HI(36)のアルバム「THE DEBUT」が好調だ。6枚目のオリジナル盤に本人も「明るさを感じる作品になった」と手応えを感じている。2005年にパフォーマンスユニット・AAAとしてデビュー後は、グループ活動とラッパーのはざまで「充足感を感じることが少なかった」とも。BMSGの社長、BE:FIRSTなどを手掛けるプロデューサーとさまざまな肩書を持つが、その出発点は幼少期。自らがたどった経験を血肉とし、音楽シーンに挑戦するカリスマに聞いた。

 前作「八面六臂(はちめんろっぴ)」から1年2か月ぶりの今作は多忙を極める中での制作となったという。

 「近2作品とも経営者、プロデューサーとして日々を過ごす中、スタッフにスケジュールを組まれて制作する状態でした。それは自分の作品に限らずBE:FIRSTの作品も同じで、スタジオに入って『この3時間で集中して1曲を作り上げる』という感じです。ダンスミュージックは身体的、脊髄反射的に聴いた瞬間に踊れる要素が必要で、右脳左脳でいうのが正しいのか分かりませんが、右脳的な直感的なものであるべきと思っています」

 今作は以前までの作品とは違い、ちょっと明るさも感じるが…。

 「自分も聴いた時にそういった印象でした。歌い方が底抜けに明るいですよ。ある意味、根っこにあったストレスは消えているんでしょうね。今まではAAAのメンバーというラベルを貼った時、一番実態と異なるのを感じていたのは自分で、ラッパーの側面でも、また自分の半身しか語られない。精神的な充足感が少ない状態が続きましたが、今は高校生の時に夢見ていた未来や自分の定義がイコールなので、心の安定になっていると思います」

 「THE FIRST」のオーディションでは常に公正な判断を下し、弱者の側に立った発言も多かったが…。

 「それはトラウマじゃないですか。グループの活動中もいろいろあって、自分はどっちの立場も分かるんですよ。重宝される人間は『○○さんに気に入られているもんね』みたいなことってよくあって、逆に重宝されていない瞬間が自分には結構あったので『お前は脇役だもんな』『脇役には脇役の良さがあるよ』みたいに言われて…。当時はルサンチマン(弱者が強者を妬むこと)に走ってもおかしくなかったけど、何でならなかったんだろうな…。それでいうと母親なんですかね。幼少期の経験で自尊心や自己肯定感を担保されてたから『俺なんて…』と言っちゃいけないというのが根底にあったと思います」

 幼少期から自己啓発本や三浦綾子さんの作品を読みふけっていた。そこにも母親の影響が見えるが、この時代の体験が今に生きている。

 「あの時が一番賢そうです。今は漫画しか見ないのにね。当時、読書は娯楽でした。親が本を読んで楽しそうにしていると、こっちもそんな気になって読んでいました。言語感覚は子供の時の読書の影響だろうし、確実にラップにもつながっていると思います。子供のころは母親のほぼワンオペで、中学受験にしても早慶の付属を考えたら、母は家で大学サッカーの試合を流して『早稲田って強いわね』みたいな。ラグビーや駅伝とか、(進学した)早稲田のスポーツがやたらと流れていて、今考えると洗脳ですね(笑い)」

 先輩のラッパーとしてBE:FIRSTのメンバーにラップ指導もしている。

 「別に教えるつもりはなかったんですけど『ラップをやりたい』って人が増えちゃって…。元々SOTAとRYOKIには(ラップを)お願いするつもりでしたが、MANATOが『やりたい』と言い始め、そしたらSHUNTOやJUNON、LEOも。RYUHEIはやっていたんで全員になっちゃって、MANATOが『いつかマイクリレーとかやりたいっすね』っていうから『Milli―Billi』を作りました」

 所属アーティストの「世界進出」に関しては独自な見解がある。

 「『THE FIRST』では『世界で通用する』っていうワードがあって、BE:FIRSTが生まれました。でも俺の中には『今の時代、曲を出したらそれは世界デビューじゃん』っていうのがあるんです。ただプロモートをかけるってなった時は難しい話になっちゃう。それは日本に独特なカルチャーがあるからです。世界の音楽シーンの中で取り残されているけど、ライブ環境がいいからビジネスとしては価値が高い特殊な国なんです。韓国のアーティストが同じ曲を日本語バージョンにローカライズしてCD化するのは正しくて、現状は世界のビジネス目線は日本に向いているけど、音楽シーンには向いていない。それをつなげると価値が出るし、日本でやれるのはBMSGであり、BE:FIRSTと思っています」

 知見、創造性があり決断もできる。今後もさまざまなプロジェクトを発信するだろうが、そのスピード感に日本の音楽シーンがどこまでついていけるか。ちょっと気になるところでもある。(ペン・国分 敦、カメラ・小泉 洋樹)

 ◆今春デビュー「MAZZEL」全く違うモノに

 今春に新ユニット・MAZZEL(マーゼル)のデビューが控えるが、BE:FIRSTとのすみ分けはどうなるのか。

 「気にされることもあると思いますが、俺としては結構シンプルで簡単なんですよ。まず人が違うじゃないですか。なので似合う服も違うと思うから、集まった時に着るべき服というか作るモノも変わってくる。BE:FIRSTは黒のイメージだからマーゼルは白とか、そういうのはアイドルグループだけにやらせておけばいい。こっちが意識してやるべきものじゃないし、BE:FIRSTの着せ替え人形を作るつもりは全くないので、全然違うグループになると思います」

 ◆SKY―HI(スカイハイ)1986年12月12日生まれ、千葉県出身。36歳。2005年にAAAのメンバー・日高光啓としてCDデビュー。13年にソロ名義・SKY―HIとして「愛ブルーム/RULE」でメジャーデビューし、17年に日本武道館公演も果たす。20年に独立してBMSGを設立。同年、ボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」を開催し、翌年にプロデューサーとしてBE:FIRSTをデビューさせる。血液型O。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×