春場所で綱取りの貴景勝 横審の高村委員長「レベルが高い優勝ということを我々の中から言う人はいないのでは」と私見

スポーツ報知
初場所千秋楽で八角理事長から賜杯を受け取る貴景勝

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会合が23日、東京・両国国技館で行われた。初場所は大関・貴景勝(常盤山)が12勝3敗で優勝。13場所ぶり3度目の賜杯を手にした。昇進の内規は「2場所連続Vかそれに準じる成績」。これに照らせば春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)では綱取りになる。

 今会合で退任となる高村正彦委員長は「ハイレベルの優勝というわけにはいかなかったけれども、大変な重圧の中で、その重圧を感謝と喜びに変えてしっかり相撲を取ってもらって、大関の責任をしっかり果たしてもらったと、そういう面では評価している。全力士の中で貴景勝は横綱に一番近い位置にいるということは間違いない」と評価した。

 同委員長は、貴景勝の春場所での綱取り条件について「次も特にレベルが高い優勝などということを我々(横審)の中から言う人はいないのでは。今場所、曲がりなりにも優勝したのだから」と私見を述べた。昨年九州場所で貴景勝が12勝3敗の優勝同点の成績を挙げたことを受け、高村委員長は初場所での綱取りに高レベルで優勝した場合、横綱昇進の可能性に言及していた。ただ、春場所に関しては好成績などの条件を課さず、連覇が昇進条件だという考えを示した。

 また両膝負傷で3場所連続休場の横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)はまわしを締めての稽古を再開し、春場所に備えていると報告があったという。横審は見守る構えで、高村委員長は「早ければ早いほどいいが、万全な姿で出てほしい」と話した。高村委員長は5期10年の任期満了で、今回の定例会合を最後に委員も退任。後任の委員長には山内昌之委員(東大名誉教授)が就任する。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×