貴景勝の春場所綱取りへ「レベルの高い優勝」求めない方針…横審定例会合

スポーツ報知
初場所千秋楽で八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝

 大相撲初場所で13場所ぶり3度目の優勝を果たした大関・貴景勝(26)=常盤山=が、千秋楽から一夜明けた23日、板橋区の部屋からオンラインで会見した。125年ぶりの1横綱1大関の異例場所で、横綱不在の中、一人大関の重圧をはねのけて制覇。十両、大関を決めた験のいいご当地の春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)で「いい経験をさせてもらえるように」と夢の綱取りに挑む。

 * * * *

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京・両国国技館で定例会合を開いた。

 今会合で退任となる高村正彦委員長は、貴景勝の春場所での綱取り条件について「次も特にレベルが高い優勝などということを我々(横審)の中から言う人はいないのでは。今場所、曲がりなりにも優勝したのだから」との私見を述べた。

 昨年九州場所で12勝3敗の優勝同点を受け、高村委員長は初場所での綱取りに高レベルで優勝した場合、横綱昇進の可能性に言及。ただ、春場所に関しては好成績などの条件を課さない構えを見せた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×