【オートレース】73歳10か月29日!篠崎実が公営競技最年長優勝を達成…川口オート

スポーツ報知
篠崎実

 篠崎実(73)=川口・9期=は23日、川口オート12R「優勝戦」で1着。1949年2月26日生まれの篠崎は、73歳10か月29日でのVとなり、公営競技史上最年長優勝記録を達成した。

 これまでの記録は、ボートレースの加藤峻二(2015年引退)の71歳2か月13日。オートレースでも鈴木清市の68歳9か月4日を大きく更新する大記録となった。

 篠崎は1971年3月25日に選手登録、85年日本選手権、88年オールスターなどSG2度を含む116回の優勝。通算勝利数も1503を数えている。

 篠崎実「やりました、やっちゃいました! きょうは7Rの後に練習に行って、走路の感じはつかめていました。(2周目1コーナーで首位に立ってからも)後ろが気になって仕方なかったですが、この上ない結果でホッとしています。レースは、やっぱり毎回ドキドキしちゃうんです。気が弱いものだから…。でも、それがなくなったらやめようと思っています。少しでも後ろのハンデから勝てるようにしたいですし、できる限り頑張りたい」

ギャンブル

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×