オカダ・カズチカ、2・21清宮海斗戦を拒否「顔面をバーンと蹴ったから試合ができるっていうほど僕は安くない」

スポーツ報知
オカダ・カズチカ

 新日本プロレスのIWGP世界ヘビー級王者・オカダ・カズチカが23日までに来月21日の武藤敬司の引退試合となるプロレスリング・ノア東京ドーム大会でのノアのGHCヘビー級王者・清宮海斗とのシングル戦出場を拒否する意思を明らかにした。

 22日、新日・愛知県体育館大会セミファイナルで行われた8人タッグマッチの試合後のバックステージで清宮戦について聞かれたオカダは「やりません。はい。会社から何も言われてないですし」と発言。

 オカダと清宮は21日に横浜アリーナで行われた新日ノアの対抗戦でのタッグマッチで清宮が背後からの顔面蹴り。オカダを流血させたことから大乱闘に発展。大混乱後、清宮がシングルでの対戦を要求。22日に行われたノア横浜アリーナ大会「グレート・ムタラストマッチ」で2・21セミファイナルでの一騎打ちがノアから発表されていた。

 5時間ほど前のノアの一方的なシングル戦発表を受け、「会社の上の人間が勝手に決めただけでしょうけど、そんなトントン拍子で行っても面白くないですし、本当にやりません」と冷静な表情で対戦を拒否したオカダ。

 「勝手に会社がカードを発表しただけであって、別に新日本プロレスの大会でもないですし、僕がそこで闘う必要ってのはないと思うんで、僕はやらないです」と明言した。

 取材陣から「東京ドームには行かないのか?」と聞かれると、「行く必要があります?」と逆質問。「会社が勝手に決めただけであって、僕に何も聞かれてないですから。聞かれてから『どうしますか?』っていうのがあれば、まだ、考えたりもしたかもしれないですけど、今回は勝手に上の人間が決めたことなんで、そんな簡単に」と続けた。

 その上で「みんな俺のことを安く見てる。そんな安い男じゃないですから」ときっぱり。「ちょっと、僕の顔面をバーンと蹴ったから試合ができるっていうほど安くないし、オカダ・カズチカをナメないでもらいたいと思います」と最後は怒りの表情で言い切った。

 ◆武藤敬司引退試合2・21東京ドーム、23日時点での発表カード

 ▽スターティングバトル第1試合タッグマッチ

 マサ北宮、稲葉大樹―稲村愛輝、矢野安崇

 ▽スターティングバトル第2試合8人タッグマッチ(東京女子提供試合)

 坂崎ユカ、山下実優、中島翔子、辰巳リカ―瑞希、伊藤麻希、渡辺未詩、荒井優希

 ▽スターティングバトル第3試合6人タッグマッチ

 杉浦貴、小島聡、ティモシー・サッチャー―ジェイク・リー、ジャック・モリス、アンソニー・グリーン

 ▽第1試合10人タッグマッチ

 小川良成、Eita、HAYATA、クリス・リッジウェイ、ダガ―小峠篤司、YO―HEY、吉岡世起、アレハンドロ、宮脇純太

 ▽第2試合8人タッグマッチ(DDT提供試合)

 MAO、勝俣瞬馬、上野勇希、小嶋斗偉―遠藤哲也、岡谷英樹、高鹿佑也、正田壮史

 ▽第3試合6人タッグマッチ

 丸藤正道、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、ニンジャ・マック―シュン・スカイウォーカー、KAI、ディアマンテ

 ▽第4試合6人タッグマッチ

 宮原健斗、諏訪魔、青柳優馬―拳王、中嶋勝彦、征矢学

 ▽第5試合タッグマッチ

 NOSAWA論外、MAZADA―外道、石森太二

 ▽第6試合

 AMAKUSA―高橋ヒロム

 ▽第7試合

 清宮海斗―オカダ・カズチカ

 ▽メインイベント武藤敬司引退試合

 武藤敬司―内藤哲也

 

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×