アントニオ猪木さん、旭日中綬章を拝受…孫の寛太さんが会見…将来は「ボクシングをやりたい」

スポーツ報知
アントニオ猪木さんの孫の猪木寛太さん(左)と弟の啓介氏

 昨年10月1日に79歳で亡くなった元プロレスラーで元参院議員のアントニオ猪木(本名・猪木寛至)さんが23日、都内で従四位・旭日中綬章を拝受された。

 叙位・叙勲は、生前最後の日(逝去日)にさかのぼって授与されることから授与日は昨年10月1日となる。旭日中綬章はプロレスラーとしては初めて。2期12年務めた参院議員での功績が評価された。

 この日、遺族を代表して、実弟の猪木啓介氏(64)が位記、勲記勲章を拝受した。1月23日は、猪木さんの決まり文句「1、2、3、ダー」にちなんだ日付で、盟友だったジャイアント馬場さん(1999年に61歳で死去)の誕生日でもある。猪木さんのお別れ会は3月7日に東京・両国国技館で行われる。

 拝受後に啓介氏と孫の猪木寛太(ひろた)さん(20)が都内で会見した。啓介氏は「素晴らしい名誉ある綬賞を心から嬉しく思っています。兄貴も喜んでいると思います。弟として誇らしく思っております」と話し「できることなら生きている間に頂けたらなと思っていますが、兄貴はみなさんに愛され喜んでいると思っています。自分にとっては素晴らしい兄貴でした」と涙を浮かべ言葉を震わせた。

 猪木さんの長女・寛子さんの長男で米国で育った寛太さんは公の場で初めての会見で「みなさんありがとうございます。グランドファーザーも喜んでいます。母も弟も喜んでいます」と話した。

 猪木さんが生前、使っていた真っ赤なネクタイを締めて会見に出席した寛太さんは、叙勲を聞いた時の思いを英語で「いろんな人の話を聞いてすごい賞だと思いました。今、この場にいて名誉だと思います」と明かした。猪木さんの思い出を「9歳の時に夏休みで東京でおじいちゃんと一緒にホテルで昼ご飯を食べました。そこで私のおもちゃを買ってもらいました。優しいおじいちゃんでした」と日本語で振り返った。

 2003年1月3日に生まれ現在、ロサンゼルスで大学2年生の寛太さんは、将来の夢を「ボクシングをしたいです。大学を卒業したらプロになるかアマチュアでやるか考えます」と明かし、一方で「車のエンジニアになりたい」と話していた。

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×