小結・霧馬山が初の技能賞 自己最多タイ11勝で大関取りへ起点に 八角理事長「力をつけてきている」

スポーツ報知
霧馬山(左)は、寄り切りで竜電を破る (カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽初場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)

 小結の霧馬山(陸奥)が11勝をあげて、初の技能賞獲得に花を添えた。東前頭5枚目・竜電(高田川)との一番では立ち合いで左前みつを取った。頭をつけるも膠着状態が続いたが機をみて巻き替えて寄り切り。1分を超える相撲を制した。息を整えて今場所を振り返り、「前に攻める相撲ができてよかった」と話した。

 初の技能賞を受賞。「初めてだしうれしいです」と充実した表情を浮かべた。三賞は20年初場所の敢闘賞以来2度目。八角理事長(元横綱・北勝海)は「力をつけてますよね」と評価。大関昇進への起点にもなり、来場所は足固めとなる。同理事長は「隙を見せないでまわしをとったら勝負を付けるなどの相撲を取らないとダメ。もっと稽古しなければいい成績は残せない」とさらなる成長を促した。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×