貴景勝 春場所綱取りへ星、内容ともに誰もが認める成績を…担当記者の目

スポーツ報知
優勝し、八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝

◆大相撲 ▽初場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)

 大関・貴景勝が2020年11月場所以来、13場所ぶり3度目の優勝を果たした。3敗同士となった東前頭13枚目・琴勝峰との相星決戦をすくい投げで制し、4場所連続平幕Vを阻止。125年ぶりに1横綱1大関となり、横綱・照ノ富士も不在の中、出場力士最高位としての意地を示した。春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)では再び綱取りに挑む。

 * * * *

 貴景勝の綱取りについて、昇進を預かる審判部の佐渡ケ嶽部長(元関脇・琴ノ若)は「ハイレベルな優勝ということなので」とし、今場所での動きはなかったと明かした。来場所の綱取りについては「まだ私たち(審判部)も何とも言えない。それ(星数)もある。相撲内容もあるが…」と言葉を濁した。八角理事長も「それは何とも言えない」と審判部の意見を尊重してか、明言を避けた。

 昇進の内規は「2場所連続Vかそれに準じる成績」。これに照らせば春場所は綱取りになるだろう。最近の例に目を向けると、平成以降では旭富士から日馬富士までの8人が2場所連続優勝で最高位をつかんだ。鶴竜、稀勢の里、照ノ富士は連覇ではないが内容や安定感が評価された。

 さらに、朝青龍以降の6人は昇進直前の場所で、14勝以上をマークしていることも見逃せないだろう。貴景勝は2ケタ勝利を4場所継続中だが、昨年前半は途中休場での負け越しから2場所連続で8勝に終わった。幕内では13勝が最高だ。

 もちろん、大関として立派な成績を残していることは疑いようがない。一方で、横綱はもう一段上を求められるのも確かだ。貴景勝自身に何ら責任はないが、横綱不在での優勝。さらに前回から2年以上も賜杯がなかったのも気になるところだ。連覇を果たすとともに、誰しもが横綱と認める成績での大願成就を期待したい。(相撲担当キャップ・三須 慶太)

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×