【尾車親方の目】貴景勝優勝、義父は北天佑さん「我が盟友、『北海の白クマ』が背中を押してくれたのか」

スポーツ報知
優勝インタビューに答える貴景勝

◆大相撲 ▽初場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)

 大関・貴景勝が2020年11月場所以来、13場所ぶり3度目の優勝を果たした。3敗同士となった東前頭13枚目・琴勝峰との相星決戦をすくい投げで制し、4場所連続平幕Vを阻止。125年ぶりに1横綱1大関となり、横綱・照ノ富士も不在の中、出場力士最高位としての意地を示した。春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)では再び綱取りに挑む。

 * * * *

 NHKの優勝インタビュー。貴景勝が義父・北天佑さんの名前を口にした時、不覚にも涙がこぼれそうになった。現役時代はライバル。引退後は年齢も近いことから家族ぐるみの付き合いをさせてもらった我が盟友。優勝の瞬間は天国の北天佑さんに向かって「やったよ」と報告した。

 最後の一番は頭で当たって、顎を引いて脇を固めながら、左を差してのすくい投げ。貴景勝にとっては珍しい決まり手だ。下手を取っても豪快に振り回していた「北海の白クマ(北天佑さんのニックネーム)」が背中を押してくれたのか。

 来場所は立派な綱取り場所だが、ハードルは高い。先場所が12勝3敗の準優勝で、今場所が12勝3敗の優勝。ならば、来場所は最低でも13勝2敗の準優勝が求められる。12勝以下なら、たとえ優勝しても夏場所に持ち越しになる可能性は高い。

 押し相撲だけで横綱になった力士は少ない。貴景勝に求められるのは、押し切れなかった場合の対処法だろう。先代の佐渡ケ嶽親方(元横綱・琴桜)のビデオを見てほしい。「猛牛」のニックネームを持つ先代は前まわしを取ってのど輪で攻めるのも得意としていた。安定横綱になるならば、先代のような取り口も参考資料になるはずだ。(尾車親方=元大関・琴風、スポーツ報知評論家)

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×