貴景勝、結婚後初優勝で義父・北天佑さん超え「すごく嬉しい」

スポーツ報知
大関貴景勝初場所優勝祝勝会の会場でめでたい鯛を掲げる大関・貴景勝

◆大相撲 ▽初場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)

 大関・貴景勝が2020年11月場所以来、13場所ぶり3度目の優勝を果たした。3敗同士となった東前頭13枚目・琴勝峰との相星決戦をすくい投げで制し、4場所連続平幕Vを阻止。125年ぶりに1横綱1大関となり、横綱・照ノ富士も不在の中、出場力士最高位としての意地を示した。春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)では再び綱取りに挑む。

 * * * *

 ◆貴景勝に聞く

 ―3度目の優勝の心境は。

 「結婚(20年11月場所後に公表)してから初めての優勝だったので、すごいうれしいです。自分の義理の父親の北天佑関(元大関)の優勝回数を超えられたので、すごいうれしいです」

 ―大関として優勝から遠ざかっていた期間は。

 「調整を失敗したりとか、星の差1つ足りない場面が多かったので、悔しい思いもたくさんしたので今回の優勝は少し報われました」

 ―相星決戦への気持ちは。

 「土俵に上がったら自分が戦うしかないので。でも、その背景にはいろんな人に支えられ、家族や治療であったり、全ての人に支えてもらい、後押しで上がりました。土俵に上がるのは一人なので気合を入れて最後一番、集中しようと思いました」

 ―出場最上位の重圧は。

 「本当に重圧との闘いの中、みんなに期待してもらっていることがありがたいことなので、感謝して土俵に上がりました」

 ―終盤の連敗の切り替えは。

 「相撲というのは1日の勝負ではなくて15日間の勝負。いかに気持ちを切らさず、いかに気持ちを平行に保って、一日一日力を出し切っていくこと。その精神が強い人が成績を残せると思うので、気持ちだけ切らさないようにやりました」

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×