清宮海斗、オカダ・カズチカとの一騎打ちへ冷静…「先だけを見て進む時ではない」…1・22横浜アリーナ全成績

スポーツ報知
拳王を攻める清宮海斗(上)(カメラ・今成 良輔)

◆プロレスリング・ノア「ABEMA presents GREAT MUTA FINAL ” BYE―BYE”」(22日、横浜アリーナ)観衆8433

 プロレスリング・ノアは22日、横浜アリーナでグレート・ムタのラストマッチ「ABEMA presents GREAT MUTA FINAL ” BYE―BYE”」を開催した。

 セミファイナルの8人タッグマッチでGHCヘビー級王者の清宮海斗がイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr、杉浦貴、小島聡と組んで拳王、中嶋勝彦、船木誠勝、征矢学の「金剛」と対戦。試合は、ワグナーJrが18分36秒、ムーンサルトプレスで征矢を破った。

 この日、清宮は会場で武藤敬司の引退試合となる2・21東京ドームで新日本プロレスのIWGP世界ヘビー級王者オカダ・カズチカと初の一騎打ちが発表となった。

 21日の横浜アリーナ大会でオカダの顔面を蹴って一気に遺恨が生まれた。清宮はシングル対決に「今は先だけを見て進む時ではないと思う」と冷静に受け止めた。ドームの前に2・12エディオンアリーナ大阪でジャック・モリスとのGHCの防衛戦がある。「大阪、その前の一戦一戦、全部オレにとって上がっていって東京ドームに行きます」と誓っていた。

 1・22横浜アリーナ全試合結果

 ▼ムタラストマッチ6人タッグマッチ

〇グレート・ムタ、スティング、ダービー・アリン(22分23秒、閃光妖術→体固め)白使●、AKIRA、丸藤正道

 ▼8人タッグマッチ

清宮海斗、〇イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr、杉浦貴、小島聡(18分36秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め)拳王、中嶋勝彦、船木誠勝、征矢学●

 ▼6人タッグマッチ

AMAKUSA、ウルティモ・ドラゴン、〇ニンジャ・マック(11分41秒、ニンジャボム→片エビ固め)YO―HEY●、Kzy、ダンテ・レオン

 ▼シングルマッチ(GHCマーシャルアーツルール)

〇桜庭和志(10分37秒、三角締め→レフェリーストップ)鈴木秀樹●

 ▼6人タッグマッチ

〇ジェイク・リー、ジャック・モリス、アンソニー・グリーン(10分49秒、串刺しフロントキック→体固め)マサ北宮、稲葉大樹、稲村愛輝●

 ▼6人タッグマッチ

宮脇純太、〇アレハンドロ、矢野安崇(7分22秒、反則)小川良成、Eita●、NOSAWA論外

 ▼シングルマッチ

〇ティモシー・サッチャー(8分44秒、フジワラアームバー)望月成晃●

 ▼タッグマッチ

安納サオリ、〇ジャングル叫女(13分46秒、ジャングルバスター→片エビ固め)夏すみれ●、雪妃真矢

 ▼タッグマッチ

大原はじめ、〇Hi69(6分41秒、ストゥーカスプラッシュ→片エビ固め)小峠篤司、吉岡世起●

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×