男子にもいるドルーリー級の中学生 3000メートル新記録の増子陽太「相沢晃さんのような選手になりたい」

スポーツ報知
3000メートル日本中学記録保持者の増子陽太は初の全国都道府県対抗駅伝で区間賞を目指す(カメラ・竹内 達朗)

 全国都道府県対抗男子駅伝は22日、広島市平和記念公園前発着で行われる。同駅伝は一般(社会人、大学生)が2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロで争われる。コロナ禍の影響で21年、22年は中止されたため、3年ぶりの開催。ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝、1日)や箱根駅伝(2、3日)で活躍したスター選手に加え、日本の将来を担う高校生や中学生が出場。郷里の期待を背負って安芸路を疾走する。

 1週間前の15日に京都で行われた全国都道府県対抗女子駅伝では岡山・津山鶴山中3年のドルーリー朱瑛里(しぇり)が3区(3キロ)で38位から17人抜きの快走を披露し、9分2秒で区間新記録をマーク。強烈なインパクトを残した。男子にもドルーリーのような期待のランナーがいる。そのひとりが昨年10月に3000メートルで8分11秒12の日本中学新記録をマークした福島・鏡石中3年の増子陽太だ。22日の都道府県対抗駅伝では中学生区間の6区(3キロ)に出場する。

 「区間賞で走って、福島県の優勝に貢献したいです」と増子は落ち着いた様子で話した。さらに「個人的には区間記録(8分22秒)も狙っていきたいと思っています」と続けた。5000メートルで高校日本記録(13分22秒99)を持つ吉岡大翔(長野・佐久長聖高3年)が3年前にマークした大記録の更新も視野に入れている。

 同学年のドルーリーの存在は大きな刺激となっている。「テレビで見ました。僕もドルーリーさんのようなインパクトある走りをしたいです」と笑顔で話した。

 中学校卒業後の進路については「地元の学法石川高を受験しました。合格発表はまだですけど」と明かした。尊敬する選手は、その学法石川高出身で1万メートル日本記録保持者の相沢晃(旭化成)。「将来、相沢さんのような選手になり、オリンピックに出場したいです」と爽やかに話した。

 都道府県対抗男子駅伝は3年ぶりの開催のため、今回の中学生は全員が初出場。晴れ舞台で、増子陽太の快走が期待される。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×