50歳・葛西紀明、55位で予選通過ならず「これが今の自分のレベル」…スキージャンプW杯札幌大会

スポーツ報知
葛西紀明

◆スキージャンプ▽W杯男子札幌大会 個人第15戦 ヒルサイズ=HS137メートル(21日、札幌市大倉山ジャンプ競技場)

 スキージャンプ男子のレジェンド・葛西紀明(50=土屋ホーム)が21日、3季ぶりのW杯出場を逃した。個人第15戦の予選に登場。113・5メートルの83・1点、55位に終わり、上位50人による本戦出場を逃した。

 当初の選考では代表入りを逃していたが、体調不良による他選手の欠場の影響で、前日の個人第14戦から繰り上げでエントリー。21日の予選は0・4点差で51位、飛距離換算で約22センチ差の僅差で涙をのんでいた。

 前日は“まな弟子”で北京五輪金メダリストの小林陵侑(26)=土屋ホーム=が今季初V。「僕もやらなきゃなという気持ちになりました」と燃えていたが、本戦出場には届かなかった。葛西は「昨日よりはいいジャンプができたと思う。風がね…。風が悪かったと思います」と振り返り「今の自分のレベルかなと受け止めています」と肩を落とした。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×