箱根駅伝優勝の駒大エース田沢廉は欠場…3年ぶり開催の全国都道府県駅伝・22日号砲

スポーツ報知
駒大の田沢廉

 全国都道府県対抗男子駅伝は22日、広島市平和記念公園前発着で行われる。同駅伝は一般(社会人、大学生)が2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロで争われる。コロナ禍の影響で21年、22年は中止されたため、3年ぶりの開催。ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝、1日)や箱根駅伝(2、3日)で活躍したスター選手に加え、日本の将来を担う高校生や中学生が出場。郷里の期待を背負って安芸路を疾走する。

 大会前日の21日、各チームの新登録選手、各区間登録が発表された。今年の第99回箱根駅伝(1月2、3日)で優勝した駒大のエース田沢廉(4年)は青森で登録されていたが、体調を考慮し、欠場することが決まった。箱根駅伝3位の青学大の岸本大紀(4年、新潟)、同4位の国学院大の中西唯翔、大翔(4年、石川)の双子ランナーらも欠場する。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×