武藤敬司、ドン荒川も、初めて取材した記者も絶賛した前座時代…連載「完全版さよならムーンサルトプレス伝説」〈11〉

スポーツ報知
武藤敬司

 プロレス界のスーパースター武藤敬司(60)が2月21日に東京ドームで引退する。新日本プロレスに入門した1984年10月5日のデビューから全日本プロレス、WRESTLE―1、プロレスリング・ノアと渡り歩き常にトップを驀進したカリスマ。さらに化身のグレート・ムタでは全米でトップヒールを極めるなど世界で絶大な人気を獲得した。スポーツ報知では38年4か月に及ぶプロレス人生を「完全版さよならムーンサルトプレス伝説」と題し14日から連載中。11回目から数回は、新日本プロレス入門からヤングライオン時代の秘話。また、報知では2月18日(予定)にタブロイド新聞「武藤敬司 引退特別号」を発売します。(取材・構成 福留 崇広)

 武藤は1984年4月21日に新日本プロレスへ入門した。21歳の時だった。入門までの紆余(うよ)曲折は、今月12日に徳間書店から刊行された『【完全版】さよならムーンサルトプレス 武藤敬司「引退」までの全記録』で詳細に描かれている。

 本稿では、同書で触れていない入門直後の武藤を初めてインタビューした記者を取材した。記者の名前は、小林和朋さん。小林さんは、1981年に専門紙「月刊ゴング」の記者となり、武藤が入門した84年4月は、この翌月の5月から週刊化された同誌の準備で多忙を極めていた。小林さんが武藤を初めて取材した時を振り返った。

 「後に闘魂三銃士と呼ばれる武藤、橋本(真也)、蝶野(正洋)の彼らが入門した時にゴングが週刊誌になったんです。月刊ではなく週刊ですから、記事になるネタを拾うためそれまでよりも頻繁に新日本の野毛道場へ取材へ行っていました。ある時、新弟子が何日か前に入門したと聞いて、道場に三銃士、同期の船木(優治=現・誠勝)、野上(彰=現・AKIRA)たちの集合写真を撮りました」

 写真撮影と同時に新弟子全員に経歴を聞いた。これが武藤にとって入門後、初めての取材だった。

 「それは、彼が入門してすぐの時です。なので、私がいろんなマスコミの中で初めて武藤たちの同期を取材した記者だと思います」

 取材は、生年月日などの経歴を聞くだけで、雑談などの会話はなかった。当時の印象を小林さんはこう明かした。

「柔道で実績があると聞いていましたし、新弟子の中でも蝶野と並んで一番、身長が高くて、見た目も立ち姿もカッコイイので、いい選手に育つかなと思いました」

  入門から約半年後の10月5日、埼玉・越谷市体育館での蝶野戦でデビュー。前座時代の試合は鮮烈だったという。

 「体のバネがすごかった。ドロップキック、コーナー最上段からバック宙みたいなのもやっていました。アクロバティック系なことも若手の早い段階から使って跳躍力がすごかったのを覚えています」

 同期入門の中で武藤の才能は「飛び抜けていた」と小林さんは振り返る。それは、当時、新日本で若手のコーチ係だった荒川真さん(後のドン荒川・故人)も太鼓判を押していたという。

 「荒川さんも“武藤はダントツで素質がすごい。何十年か1人の逸材だ”とおっしゃっていました」

 荒川さんが絶賛したヤングライオン時代の武藤。その存在がファンに強烈なインパクトを与えた技が「ムーンサルトプレス」だった。実は、この技に小林さんは深く関わっている。(続く)

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×