女の子から「いい年して大変だね」…「ウルトラマンA」TACチーム座談会〈4〉

スポーツ報知
座談会で話す佐野光洋

 1971年からの第2次怪獣ブームの中、「男女の合体変身」という新機軸をウルトラマンシリーズの中で打ち立てたのが「ウルトラマンA(エース)」(1972年4月~73年3月)です。2022年に放送50年を迎えた同作ですが、スポーツ報知では「―A」とともに地球を守った地球防衛チーム「TAC」のメンバーを12年の40周年時に集め、“夢の同窓会”と銘打って座談会を開催しました。「A」に変身した北斗星司(高峰圭二=76)、南夕子(星光子=74)両隊員に射撃の名手・山中一郎(沖田駿一=76)、宇宙生物の専門家・吉村公三(佐野光洋=72)、「南無阿弥陀仏…」が口癖だった今野勉(山本正明=14年没)、美人ながら爆弾専門家の美川のり子(西恵子=74)の各隊員が、思い出話に花を咲かせましたが、今回、WEBのみ再掲載。7日間にわたって秘話をお届けします。(毎日正午更新)

 ★ ★ ★

 佐野「あと、すごく記憶に残っているのが、川崎かどこかの工場街でのロケの時、そこにいるであろう超獣に向かってタックガンを撃つシーンか何かを撮っていたんです。休憩になって休んでいると、小学校高学年くらいの女の子が近づいてきた。『おじさん、いい年して大変だね』って…(笑い)。何を! コノヤロー!って思いましたよ。でもね、それがきっかけで、その子が嫁に行くまで、ずっと文通をしていたんですよ」

 ―高峰さんは子供から「サインして!」と頼まれることが多かったんじゃないですか?

 高峰「番組がこんなに長く愛されるとは思わないし、再放送なんてない、と思っていたから『サイン? そんなの知るか』って感じだった。サイン会もやったことなかった。いや、一度だけあったかな。夕子(星)と2人で。北海道だっけ?」

 星「それも日帰り。明け方まで田園調布の宝来公園でロケをして、そのまま寝ずに羽田に行って、サイン会をして、夜にまた帰ってくる…というスケジュール。その一度だけでしたよ」

 ―タックアローなど航空機のコクピットのシーンはどうでしたか? 狭くて、暑くて…大変だったのでは?

 高峰「1、2話に関しては操縦桿が上下逆を向いているんですよ。誰も気づいていないかもしれないけど」

 沖田「今、初めて聞いた」

 山本「そうだった? 知らなかった」

 高峰「誰かが『おかしい』と言い出して、3、4話か4、5話から直したんだ」

 ―タックファルコンなど、複数で登場するシーンが多かったから、夏は大変だったのでは?

 山本「狭いしね。ヘルメットがピッタリだから、汗がダラダラ落ちてきて」

 高峰「でも、ウルトラセブン、帰ってきた―もそうかな…美セン【注1】で撮影していた作品は空調も何もあったもんじゃないから、大変だったと思うよ。でも、僕らは『東京映画』という所で撮っていて(ドラマ部分の)本編も特撮も同じスタジオ。クーラーも効いていたし、黒部(進)さんや森次(晃嗣)さんには自慢しています」

 私服のシーンもありましたが、西さんは全てお父さんのお手製だったとか?

 西「テーラーをしていましたからね。私は胸元に小型爆弾を仕込んだブローチを付けている、という設定でしたが、撮影時は自分でも何個かブローチを持ってきました。第4話の『3億年超獣出現!』で使ったものだけは今も取ってあります」

 星「いつも隊員服ばかりだから、たまに私服を着ることができるシーンがあるとうれしかったですね」

 西「台本をもらってから何を着ようかウキウキしていました」

 【注1】正式名称は東京美術センター。62年10月に設立。スタジオとともに大道具製作セクションとして稼働。73年11月、「東宝ビルト」と名称を変更した。08年2月に閉鎖されたが、この時点でも約6000坪の敷地に6つのステージ、各施設があり、最盛時はスタジオ8つ、オープンセット1つがあった。

 〇…円谷プロ公式サブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」では、有料プランに登録すると「ウルトラマンA(エース)」のほか、ウルトラマンシリーズ(一部をのぞく)がいつでも見放題となっている。ファン必読の読み物や、ここでしか見られない配信限定作品など、オリジナルコンテンツも満載。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×