家で隊員服着て撮影所に…「ウルトラマンA」TACチーム座談会〈3〉

スポーツ報知
座談会で話す西恵子

 1971年からの第2次怪獣ブームの中、「男女の合体変身」という新機軸をウルトラマンシリーズの中で打ち立てたのが「ウルトラマンA(エース)」(1972年4月~73年3月)です。2022年に放送50年を迎えた同作ですが、スポーツ報知では「―A」とともに地球を守った地球防衛チーム「TAC」のメンバーを12年の40周年時に集め、“夢の同窓会”と銘打って座談会を開催しました。「A」に変身した北斗星司(高峰圭二=76)、南夕子(星光子=74)両隊員に射撃の名手・山中一郎(沖田駿一=76)、宇宙生物の専門家・吉村公三(佐野光洋=72)、「南無阿弥陀仏…」が口癖だった今野勉(山本正明=14年没)、美人ながら爆弾専門家の美川のり子(西恵子=74)の各隊員が、思い出話に花を咲かせましたが、今回、WEBのみ再掲載。7日間にわたって秘話をお届けします。(毎日正午更新)

 ★ ★ ★

 ―オレンジとグレーのTACの隊員服を初めて着た時の感想はどうでした? ウルトラマンシリーズも世間に認知され、人気もあった頃ですから、格好良さの方が大きかったのでは?

 沖田、山本、佐野「いやいや、そんなことない。あれは恥ずかしいよなあ」

 高峰「逆に世間から認知されているから目立っちゃってね。撮影を中断して、隊員服のまま昼飯を食べに行くことがあったんだけど(撮影所近くの)成城近辺に行くことが多かったんですよ。ハイソなご婦人方が多いでしょ。『何よ、あの人たち』みたいに見られてね。逆に子供たちは『あっ!TACだ』って寄ってこられた(笑い)」

 沖田「(TAC専用車両の)タックパンサーに乗って2人で昼飯を食べに行ったこともあったよな」

 高峰「沖ちゃんは当時、真っ赤なムスタングに乗っていて、遠くにロケに行くときは、いつも俺が助手席に乗って行ったんだよね。覚えてる?」

 沖田「いや、覚えてない」

 高峰「東名だったかな。後ろのタイヤがパンクしてさ、アメ車だから太いでしょ、タイヤが。これが前輪だったら、ハンドルを取られて大事故だった」

 ―女性隊員の服はフリンジが付いたり、少しかわいくなっていました

 西「でも、恥ずかしかった。慣れれば何てことはなかったですけど。当時、私の家は撮影所の近くにあったんですが、家で隊員服を着て、そのまま撮影所に行ったこともありました」

 星「私はとにかく芝居に一生懸命で、恥ずかしさも何も感じませんでした。そういう余裕もなかったですね」

 ―ロケで大変だったことは何ですか?

 沖田「今の新宿の高層ビル街でロケしたことがあったじゃない?」

 高峰「当時は京王プラザホテルしかなかった。で、ロケバスの中にいた時、バスがグラングラン揺れたんだよ。『誰がいたずらしているんだ、沖ちゃんか? いや、こんなに揺らせるはずはない』そう思ってビルを見ると、揺れているんだよ、ビルも。高層ビルが建設されてから、初めて震度4とか5の地震だったんだ。怖かったよね」

 佐野「僕は竜隊長(嵯川哲朗)の車の助手席に乗っていたんですが、エンジンをかけたのか、と思ったんですよ。揺れたから。『隊長、エンジンかけました?』『イヤ…』『おかしいですね…これ地震ですよ!』って。本当に京王プラザが左右に揺れていました」

 高峰「そのままカメラ回して、ビルの揺れを撮っちゃえば良かったんだ。『超獣が来たー』ってシーンで使えたよ(笑い)」

 〇…「A」のロケ中に発生した地震は以下のどちらかと推定される。72年2月29日、八丈島東方沖で発生した地震はM7・0、東京都八丈島で最大震度5を記録した。また、同年12月4日には、同じく八丈島東方沖でM7・2の地震が発生。八丈島で最大震度6を観測した。戦後すぐの福井地震以来、震度6の観測事例はなく、24年ぶりに震度6を公式に観測した。

 〇…円谷プロ公式サブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」では、有料プランに登録すると「ウルトラマンA(エース)」のほか、ウルトラマンシリーズ(一部をのぞく)がいつでも見放題となっている。ファン必読の読み物や、ここでしか見られない配信限定作品など、オリジナルコンテンツも満載。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×