岸田首相、早ければ4月下旬にコロナ「5類」へ引き下げ…屋内マスク原則不要に 致死率低下を受けて

コロナ感染対策見直し
コロナ感染対策見直し

 岸田文雄首相は20日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを、今春に季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げると表明した。政府は早ければ4月下旬の移行を目指し、自治体や医療機関などの準備状況次第では5月も視野に入れる。

 3年にわたり続けてきた政府の新型コロナ対策は大きな転換点を迎える。「5類」への移行で、人々の生活にも「コロナ前」の日常が戻ってきそうだ。

社会

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年