男子ゴルフの金井清一さん死去 82歳 日本プロ2勝「公式戦男」

スポーツ報知
金井清一氏

 男子ゴルフの日本プロ選手権や関東オープン選手権でいずれも2勝するなど活躍した金井清一(かない・せいいち)さんが、昨年11月30日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため川崎市内の病院で亡くなっていたことが20日、分かった。82歳だった。日本プロゴルフ協会が発表した。葬儀・告別式は家族葬で行った。

 金井さんは新潟県出身。東京・秋葉原の電器店で働いていた時にゴルフを覚え、ほぼ独学で腕を磨いて1965年に25歳でプロテストに合格した。初勝利は72年に尾崎将司に競り勝った日本プロ選手権だった。76年にも同選手権で勝つなど「公式競技」と呼ばれたビッグイベントで強く「公式戦男」の異名を取った。

 息の長い競技人生で、50歳で勝った90年のNST新潟オープンまで国内15勝。日本シニアオープン選手権で91年の第1回から3連覇するなどシニアでは通算17勝、賞金王は5度。2018年に日本プロゴルフ殿堂入りを果たした。

ゴルフ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×