スポーツクライミング男子・楢崎明智「自分の存在感、スタイルを見せられたら」シーズン開幕へ意気込み

スポーツ報知
会見に登壇した(左から)中田璃士、中井亜美、渡辺倫果、芝田モト、大和晴彦、早川優衣、楢崎明智、久米乃ノ華(提供写真)

 スポーツメーカー「デサントジャパン」のニューレーベル「ムーブスポーツ」展開開始と、次世代アスリートで結成された「ムーブスポーツユニット」の発足会見が19日、都内で行われた。

 スポーツクライミング界からは、18年アジア選手権の複合で優勝した男子の楢崎明智(TEAM au)が登壇。この日は早速、ポロシャツを着用し「ポロシャツは堅苦しいイメージがあったが、これは登れる。ルール的にも禁止されていないんで、ポロシャツで試合に出たらかっこいい」と笑顔で話した。

 今年は2月上旬のボルダリング・ジャパンカップ(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場)から、シーズンが始まる。24年パリ五輪前年となり、選考にも関わる重要な1年。「国内の選考大会は得意じゃない。1年間が決まってしまう大会で、いつもとんでもないプレッシャーを自分にかけてしまう。今年は楽しみながら、自分の存在感、スタイルを見せられたら」と意気込んだ。

 また、スポーツクライミング女子で、昨年リードの世界ユース選手権で優勝した久米乃ノ華、スケートボード男子の芝田モト、BMX男子の大和晴彦、BMX女子の早川優衣、フィギュアスケートからは女子で3月の世界選手権代表・渡辺倫果、2月開幕の世界ジュニア代表・中井亜美、男子の中田璃士が登壇した。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×