J1札幌がJ2町田と初実戦 今季”初ゴール“は新加入のMF小林祐希の25メートルFK弾

J2町田との練習試合でパスを出すJ1札幌MF小林
J2町田との練習試合でパスを出すJ1札幌MF小林

 沖縄・金武町でキャンプ中のJ1札幌が19日、同町でJ2町田と今季初実戦となる練習試合を行った。 主力組で臨んだ前半は5分に先制を許すも、同18分、ゴールやや右25メートルの位置から新加入のMF小林祐希(30)が利き足の左で直接FKを決め、同点とした。「誰も寄ってこなかったから。誰も蹴らないなら蹴りますよと」。そうおどけながら「決められて良かった」とほほ笑んだ。

 J1神戸から完全移籍で加入した新戦力は、この日はボランチに入った。「今日も5、6回崩されてゴール前まで行かれた。札幌のやり方を新加入選手が覚えるのか、サイドに追いやってはめるのか、いろいろ原因はある」と守備に関しての反省が口をついたが「初戦なんで。これから問題点をみんなですり合わせていければ」と上積みへの糧としていく。

 試合はメンバーを変えた後半に1失点し、1―2で敗れた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×