【大学野球】全日本大学野球連盟監督会の新会長に慶大・堀井哲也氏…都市対抗&大学選手権で日本一

スポーツ報知
全日本大学野球連盟の監督会会長に就任した慶大・堀井哲也監督

 全日本大学野球連盟監督会の常任委員会が18日、横浜市内で行われ、新会長に慶大監督の堀井哲也氏(60)が就任することが決まった。

 堀井新会長は「親睦と研鑽、そしていかに大学日本代表チームをバックアップできるか。監督のみなさんの後ろには、学生たちがたくさんついている。野球界のいろんなつながりは貴重な関係。微力ですが、少しでも皆さんのお役に立てるよう、他の役員と協力してやっていきたい」とあいさつすると、会場は万雷の拍手に包まれた。

 堀井新会長は静岡・函南町の出身。韮山高、慶大では外野手。卒業後は三菱自動車川崎に入社し、現役引退後はマネジャー、コーチを務め、93年に三菱自動車岡崎の創部に伴い転籍し、97年に監督に就任した。

 2004年に同社野球部が活動停止となり、05年にJR東日本に移籍。11年に監督として都市対抗優勝に導いた。19年12月に慶大監督就任。21年春のリーグ戦を制し、大学選手権では34年ぶり優勝。秋も制して30年ぶりの春秋連覇を成し遂げた。

 副会長は3人体制で、上武大監督の谷口英規氏(53)、筑波大監督の川村卓氏(52)が留任、関西国際大監督の鈴木英之氏(55)が新たに就任することが決まった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×