【大学野球】立大の新主将はKKコンビに並ぶ「甲子園5季連続安打男」…西川晋太郎が天皇杯奪回へ闘志

スポーツ報知
立大の新主将を務める西川晋太郎内野手は春のリーグ戦優勝を目標に掲げた(カメラ・加藤 弘士)

 東京六大学野球リーグの立大が16日、埼玉・新座市内の同校グラウンドで今年初の全体練習を行い、本格始動した。新主将の西川晋太郎内野手(3年=智弁和歌山)は「まずは春のリーグ戦で優勝すること。そこだけですね」と2017年春以来の天皇杯奪回に闘志を燃やした。

 楽天のドラフト1位右腕・荘司康誠に、日本生命入りした前キャプテンの山田健太ら、投打の軸がチームを去った。戦力ダウンは否めないが、西川はそれすらもプラスに捉えている。「去年より力が落ちると言われるが、いい意味で経験が少ない。思い切ってできるチームにしたい」と怖いものなしの姿勢でぶつかる決意だ。

 思いは指揮官も一緒だ。溝口智成監督(55)は59年ぶりの大学日本一を達成した17年を回想し、「あの年も前の年は4年生が中心で、戦力的に厳しい中で優勝できた。マイナスに思わず、工夫のしがいがあると思いながらやっています」と前を見据える。

 スローガンは「革新」だ。その意味についてキャプテンは言う。「優勝できるかもしれないという試合、リーグ戦が続いて、何か新しくしないと勝てないという思いが強かった。みんなで案を出しながら、話し合って決めました」。気持ちも新たに戦いに挑むという覚悟が込められている。

 智弁和歌山時代は甲子園で、PL学園・桑田真澄、清原和博ら5人しか達成していない5季連続安打をマークした好打者。同記録をともに達成したチームメートの黒川史陽内野手は高卒で楽天入りし、今年4年目を迎える。オフには高校時代の仲間が一堂に会して、健闘を誓い合った。「高校の時からむっちゃ刺激されていたんで、それは今でも変わりません。バッティングは勝てないと思っていたんですが、守備の粘り強さだけは負けたくなかった」と負けん気は当時のままだ。

 昨秋のリーグ戦では打率3割2厘をマーク。指揮官も「3番で固定できればと思っています。西川は経験上、キーになる」とさらなる飛躍に期待を抱く。「つながらないと点は取れない。どこからでもチャンスを作る、切れ目のない打線…そんなチームになればいい」と西川。まずは春の頂点へ。ひたむきに勝利を追い求めていく。(加藤 弘士)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×