独立リーグの千葉県民球団、チーム名は「千葉スカイセイラーズ」に決定…応募総数843件から選出

スポーツ報知
千葉県民球団「千葉スカイセイラーズ」の設立記者会見が行われ、選手たちは気合いをにじませた

 今年から始まる野球の独立リーグ、ベイサイドリーグに参戦する千葉県民球団が14日、千葉・船橋市内で設立記者会見を行い、チーム名を「千葉スカイセイラーズ」と発表した。

 応募総数843件の中から、チームで戦う若い選手が、船橋から大舞台に羽ばたいて欲しいという意味と、港のある船橋から船をこぎ出す-という意味を重ね「スカイ」+「セイラーズ」という名前になった。

 球団代表と監督を務める元ロッテの早坂圭介氏は「この千葉県という思い出のある地で、野球に携われることに生きがいを感じています」とコメント。兼任で投手コーチを務める元ソフトバンクの秋吉亮投手は「今年もしっかり腕を振って、試合で投げていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします」と語った。

 石岡一(茨城)、中大でもスピードスターとして鳴らした河嶋駿太郎選手は「走攻守でチームの優勝に貢献できるように頑張ります」と意気込んだ。まずは27人の選手で「船出」する。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×