東北福祉大監督に山路哲生総監督が約8年ぶり復帰

スポーツ報知
東北福祉大・山路哲生監督

 仙台六大学野球の強豪・東北福祉大の監督に、現総監督の山路哲生氏(56)が就任した。学校側が11日付で発表した。前監督の元西武・大塚光二氏(55)、助監督の村瀬公三氏(55)は退任。

 山路氏は東北福祉大出身。ヤマハでプレーした後、00年にヘッドコーチとして福祉大に戻り、02年の監督代行を経て03年から監督に就任した。04年には全日本大学野球選手権で優勝。15年7月に大塚氏が監督になった後も総監督としてチームに携わっており、約8年ぶりの監督復帰となる。チームは現在自主練習期間で、全体練習は行っていない。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×