ENEOS度会隆輝、二塁も外野手も「どちらも一流に」、今秋ドラフト上位候補

スポーツ報知
今秋ドラフト上位候補のENEOS・度会隆輝と大久保秀昭監督(カメラ・加藤 弘士)

 今秋ドラフト上位候補のENEOS・度会隆輝外野手(20)が13日、外野と二塁の両面においてプロレベルへの上達を目標に掲げた。横浜高では二塁手。ENEOS入社後にチーム事情から外野手に転向し、社会人ベストナインに輝くまでに成長したが、二塁もこなせる強打者となれば、各球団からさらに熱視線が注がれることは必至だ。

 優勝した昨夏の都市対抗では打率4割2分9厘、4本塁打の数字を残し、MVPにあたる橋戸賞を受賞した。勝負のドラフト解禁年。大久保秀昭監督(53)からは「内野も外野も両方一流になれるような選手を目指せ」との指令が飛んだ。度会も「どちらも一流になれば価値が上がるし、幅も広がる。まあまあやれる選手ではなく、両方一流を目指してやっていきたい」と鼻息荒く意気込んだ。

 「まずは都市対抗2連覇。その中で去年以上の成績を残したい」と度会。打って守って、充実の年にする。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×