ドラフト指名漏れは絶望ではなく、新たな出会いの始まり…ENEOS・度会隆輝が教えてくれたこと

スポーツ報知
今秋ドラフト上位候補のENEOS・度会隆輝と大久保秀昭監督(カメラ・加藤弘士)

 自らの名前は最後まで、呼ばれることがなかった。

 「あの時を振り返ると、一瞬で終わったなあって。3年間、必死に高校野球をやってきて。でもドラフト会議って、本当に一瞬で終わってしまった感じでした」

 2020年10月26日、プロ野球ドラフト会議。度会隆輝は横浜高の職員室で映像を見ながら、指名の瞬間を待ちわびていた。名門校で強打のセカンド。その年の初めからドラフト候補として名前が挙がっていた。

 公式戦、練習試合で勝利に貢献する中で、その打棒をプロのスカウトにアピールし、指名を勝ち取る-。例年のドラフト候補がたどってきた道は、新型コロナウイルスによって塞がれた。春夏の甲子園大会は中止となった。春夏連続の中止は戦争による中断を除き、初めてだった。

 「甲子園の中止、めちゃくちゃ悔しかったです。一番大事な3年生の時、アピールのチャンスも奪われましたし。やるせないけれども、自分にはどうにもできなかったんで」

 プロ志望届を提出した他のチームメートと職員室で待機し、指名があれば報道陣が集うホールで会見に臨むという流れ。しかし、度会がスポットライトに照らされる場面は訪れなかった。

 「あの悔しさがあったから、今の自分があると思うんです。絶対にやってやる、絶対に見返してやると思いましたから」

 ENEOS監督の大久保秀昭はドラフト前、横浜高の関係者から度会についての情報を聞いていた。プロへの希望が強い一方で、育成は考えていないという。万が一、指名がない場合はウチで…と声を掛けつつ、同社の練習参加を呼びかけた。大久保は言う。

 「体は細かったけど、いい打球を飛ばしていました。でもプロに指名されるかなとも思ったので、あまり期待せずに待つような感じでしたね」

 ドラフトが終わると、度会は気持ちを切り替えた。ENEOSに行く。社会人の世界で徹底的に鍛える-。

 2021年、年頭の挨拶。チーム内で最年少の18歳は、職人肌がそろう猛者を相手に笑顔で頭を下げた。

 「度会隆輝です。元気で盛り上げます!」

 * * *

 あれから2年。度会は20歳になった。昨夏の都市対抗では打率4割2分9厘、4本塁打の数字を残し、優勝の原動力になり、橋戸賞、打撃賞、若獅子賞の3冠に輝いた。走攻守全てにおいてレベルアップし、掛け値なしの上位候補としてスカウトの熱視線を浴びる。

 「今の僕があるのは、ENEOSのおかげです。だから、まずはチームの優勝。お世話になった方々や、応援してくれる人に恩返しがしたいんです。そのためにも、打ちたい。去年以上の成績を残したいと思っています」

 寒風吹きすさぶENEOSのグラウンド。快活に笑顔で当時を回想する度会と接するたび、「指名漏れ」は絶望ではなく、新たな出会いの始まりでもあると気づかされる。

 昨秋のドラフト会議で名前が呼ばれなかった若き野球人がこの春、大学や社会人、独立リーグなどで新たな道に進むことだろう。

 そこには一生ものの、人生を変える素敵な“縁”が待っているかもしれない。

 だから、笑顔で第一歩を。笑う門には福が来る。勝負は、ここからだ。(編集委員・加藤 弘士)=敬称略=

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×