【巨人女子チーム】宮本和知監督、本格始動でゲキ「これからの1分、1秒、新たな歴史が刻まれる」

スポーツ報知
主将の金満梨々那(右)のかけ声で元気よくグラウンドにあいさつするジャイアンツ女子チームの選手たち(左手前は宮本和知監督)(カメラ・竜田 卓)

 巨人の女子チームが12日、府中市内のグラウンドで本格的にチーム活動を開始した。学校がある高校生らを除く10人が参加し、約3時間汗を流した。練習前の円陣で宮本和知監督(58)は「これからの1分、1秒、新たな歴史が刻まれる。正力松太郎さんがおっしゃった『巨人軍は常に強くあれ』というのは、男子も女子も一緒。向上心を持って、明るく元気にやっていこう」と訓示。最後に「ファイティン」と声を掛け、気合を注入した。

 昨季活動していた1期生の4人に加え、今季から新たに16人が加入。京都文教短大から新加入の中村柚葉内野手(21)は、ティー打撃で指揮官から坂本の打撃用手袋を手渡されて着用。「坂本選手の力を借りてちょっと遠くに飛んだ気がします。同じ背番号6を頂いた以上、少しでも近づけるように頑張りたいと思います」と目を輝かせた。

 チームの初陣は3月17日。沖縄で行われる大会に出場する。その後はヴィーナスリーグにも参戦予定。「目標はあくまでもプロ化。お客さんを呼べる、魅了できるようなチームにしたい」と指揮官。大きな一歩を踏み出した。(井上 信太郎)

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年