【侍ジャパン】ヌートバー代表入り内定を栗山英樹監督が明言「バランスいい。勢いをつけてくれる」

栗山英樹監督
栗山英樹監督

 侍ジャパンの栗山英樹監督は11日、3月に開催されるWBCにおいて、L・ヌートバー外野手(カージナルス)の代表入りが内定したことを明言した。ヌートバーは母親が日本人で出場資格を満たしており、日系選手は侍ジャパンでは初となる。契約書へのサインなどの手続きはこれからとなる。

 この日、都内でスタッフ会議を開催。栗山監督はこれまでに複数回ヌートバーとオンラインで面談してきたことを明かし「快く受けてくれると。(選出理由は)勝つことが一番。ツボにはまればホームランも打てる。特に日本の球場なら。スピードもあるしバランスもいい。勢いをつけてくれる」と説明。性格についても「100%全員が好きになる。愛される人柄」と太鼓判を推した。合流時期は調整中とした。

 これで外野は吉田正(Rソックス)、ヌートバー、鈴木(カブス)と3人がメジャーリーガーとなる可能性が高くなった。

野球

×