【大学野球】昨秋ベストナイン「走れる捕手」亜大・小山翔暉、走攻守の向上に気合「もっと走っていきたい」

今年初の練習を行った亜大の(左から)小山翔暉捕手、松浦隆己主将、草加勝投手
今年初の練習を行った亜大の(左から)小山翔暉捕手、松浦隆己主将、草加勝投手

 昨年6月の大学選手権で日本一に輝いた東都大学野球リーグの亜大が9日、東京・日の出町のグラウンドで始動した。

 副将を務める小山翔暉捕手(3年・東海大菅生)は「走攻守のレベルアップ、中でも捕手として失点を減らすことを意識して、投手陣と協力してやっていきたい」と目標を掲げた。

 昨秋のリーグ戦では捕手のベストナインに輝いた。それでも「去年はスローイングが全然ダメだった。もっと成長して春を迎えたい」と向上心は高い。

 愛知・一宮市立萩原中時代は、100m×4リレーで東海大会に出場したこともある俊足の持ち主。「走れる捕手」としても熱視線が注がれる。「足は自分の武器。(中日入りした田中)幹也さんが抜けた分、自分がもっと走っていきたいと思います」と気合いをにじませた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×