藤井聡太王将は「掛川牛の麻婆豆腐」、羽生善治九段は「遠州黒豚と掛川野菜のトマト煮込み」 王将戦1日目の勝負メシ

藤井聡太王将の昼食は掛川牛の麻婆豆腐(日本将棋連盟提供)
藤井聡太王将の昼食は掛川牛の麻婆豆腐(日本将棋連盟提供)

 静岡県掛川市の「掛川城 二の丸茶室」で8日から始まった将棋の第72期王将戦七番勝負第1局1日目で藤井聡太王将=竜王、王位、叡王、棋聖=と挑戦者・羽生善治九段に昼食が配膳された。

 藤井聡太王将の勝負メシは掛川牛の麻婆豆腐、羽生善治九段は遠州黒豚と掛川野菜のトマト煮込み。

 対局は38手目を後手の羽生が1時間9分考え、そのまま休憩に入った。藤井のここまでの消費時間は43分と1時間に達していない。対局は午後1時30分に再開される。

羽生善治九段の昼食は遠州黒豚と掛川野菜のトマト煮込み(日本将棋連盟提供)
羽生善治九段の昼食は遠州黒豚と掛川野菜のトマト煮込み(日本将棋連盟提供)

将棋・囲碁

×