【高校野球】大阪桐蔭が始動 エース左腕の主将・前田悠伍「日本一とドラフト1位」祈願

スポーツ報知
今年最初の練習を前に野崎観音で必勝祈願をする大阪桐蔭のエース左腕・前田悠伍主将(左から2番目)

 昨秋の明治神宮大会で史上初の連覇を果たした大阪桐蔭が5日、大阪・大東市内の同校グラウンドで始動した。練習前には、同市内の野崎観音で必勝祈願を行い、今秋ドラフト候補で、エース左腕の前田悠伍主将(2年)は「日本一とドラフト1位」を祈願した。

 現在、ストレートの質にこだわった練習を重ねており「センバツで変わった姿を見せられると思う」と自信をのぞかせたチームの主将。西谷浩一監督も「最終的に(大阪桐蔭の歴代)NO1投手と言えるような可能性を持っている」と、エース左腕に、春夏連覇の藤浪ら大先輩越えを期待する。

 昨年の秋は明治神宮大会で優勝を果たしたが、前田は自身の投球に納得していない。「努力次第でスピードもまだ伸びると思うし、制球面も全球同じ所にいくコントロールはないので、そこも伸びしろだと思う。体もできあがってない、発展途上」と、さらなる成長を描き、「新たな気持ちで。最後の1年になるので、悔いのないようにこの1年を過ごしていきたい」と、昨年は果たせなかった4冠に向け、次はセンバツVに挑む。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×