【箱根駅伝】青学大・原晋監督「なんで青学来なかったんだよ!」花の2区を制した中大エース・吉居大和に脱帽

スポーツ報知
¥原晋(資料)

 第99回箱根駅伝(1月2、3日)で連覇を逃し、3位に終わった青学大の原晋監督が4日、水曜コメンテーターを務めるTBS系「ひるおび」に生出演。各校のエースが集う花の2区で区間賞を獲得した中大エース・吉居大和(3年)を絶賛した。

 2区の12キロ過ぎで駒大のエース田沢廉(4年)に先頭を渡した吉居大だったが、青学大の近藤幸太郎(4年)とともに田沢を猛追。軽快にペースを刻み続け19キロでスパートをかけると、近藤を抜き去りさらにもう一段ペースアップ。執念のラストスパートで田沢を追い抜き、トップで襷をつないだ。

 青学大の原監督は「吉居くんの最後のスパート、すごいですよ」と脱帽。「ものすごい坂を駆け上がった後の最後のスパート、吉居くんはそのままいきましたね。素晴らしい走りでした、世界を狙えますね」と話した。

 吉居大と近藤は同じ愛知出身で、昔から仲が良い。レース中は近藤が吉居大をかわした際、「ついてこい」と合図したという。レース後は熱く抱き合い、健闘をたたえ合った。このエピソードを聞いた原監督は「なんで青学来なかったんだよ!」と嘆き、スタジオを沸かせていた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×