【箱根駅伝】来年の第100回大会を早くも占う 山区間が超強力な駒大が大本命 中大、国学院大、青学大が追う

スポーツ報知
3冠をアピールしてゴールする駒大・青柿響(カメラ・今西 淳)

◇第99回東京箱根間往復大学駅伝競走復路  (3日、神奈川・箱根町芦ノ湖スタート~東京・千代田区大手町読売新聞社前ゴール=5区間109・6キロ)

 往路優勝の駒大が復路でも力強い走りを続け、10時間47分11秒で、2年ぶり8度目の総合優勝を飾った。同時に史上5校目でチーム初の学生駅伝3冠を達成。64歳の名将、大八木弘明監督は優勝会見で3月限りで退任することを表明し、藤田敦史ヘッドコーチが後を引き継ぐ。

 1分42秒差の2位は中大、7分14秒差の3位は青学大、7分50秒差の4位は国学院大だった。

 来年の第100回箱根駅伝ではどんな戦いが待っているのか。スポーツ報知の箱根駅伝担当の竹内達朗記者が早くも占った。

 * * *

 来年の箱根駅伝も駒大が圧倒的に強い。特に山区間が超強力だ。5区4位の山川拓馬、6区区間賞の伊藤蒼唯はまだ1年生。来季、さらに成長が見込まれる。

 大黒柱の田沢廉(4年)、主将の山野力(4年)、1区2位と好走した円健介(4年)が卒業するが、7人が残る。3人の穴は確かに大きいが、その穴を埋められるだけの戦力がある。準エースの鈴木芽吹(3年)は今回4区3位、篠原倖太朗(2年)は3区2位と往路で他校のエースと互角に戦える人材がいる。

 今回のVメンバー7人のほか、体調不良のため、8区登録から外れた花尾恭輔(3年)、スーパールーキー佐藤圭汰ら選手層は分厚い。佐藤は来季、20キロの箱根距離にも対応できるようになるだろう。

 今回2位の中大は、エースの吉居大和(3年)と準エースの中野翔太(3年)が最終学年を迎える来季、ひとつのピークを迎え、優勝の絶好のチャンスだ。2区と3区で連続区間賞を奪った吉居大と中野のコンビは破壊力がある。5区3位の阿部陽樹(2年)の存在も心強い。ルーキーながら溜池一太が1区4位、吉居駿恭が4区5位と好走した。往路全員が来季も残る。駒大対抗の1番手となるだろう。

 今回4位の国学院大も上積みが期待できる。今回2区7位の平林清澄、3区5位の山本歩夢の新3年生を中心に優勝を狙える力を持つ。今回5区7位の伊地知賢造(3年)は体調が万全ではない中で踏ん張った。来年は上積みが期待できる。1区12位の青木瑠郁、7区6位の上原琉翔のルーキーは成長が見込める。前田康弘監督は駒大が初優勝した2000年大会で4区を走り、主将を務めた。国学医学院大を初優勝に導くためにふさわしい指導者だ。

 3位の青学大は正念場を迎える。今回、箱根駅伝を走った7人が卒業する。特に2区2位の近藤幸太郎、9区区間賞の岸本大紀の穴は大きい。原晋監督が「駅伝男」と高く評価する太田蒼生(2年)が新チームの中心になる。今回、5区出場予定も体調不良で欠場した若林宏樹がキーマンになるだろう。

 5位の順大は東京五輪3000メートル障害7位入賞の三浦龍司(3年)と石井一希(3年)が中心。5000メートル日本高校記録保持者の吉岡大翔(長野・佐久長聖高3年)の入学が決まっており、いきなり2区あるいは5区で快走することも期待できる。

 秋に行われる予選会の参加資格は全国の大学に広がった。三重県の皇学館大などが挑戦する見込みだが、関東勢以外が突破することは難しいだろう。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×