長門美咲が準優勝 土俵ない大学で練習「もっと知ってもらいたい」普及願う 女子相撲日本一決定戦 

スポーツ報知
準優勝だった長門美咲(左)(カメラ・佐々木 清勝)

◆相撲 ▽女子相撲日本一決定戦 1日(東京・アリーナ立川立飛)

 国内では、過去最大規模となる女子相撲大会に約130人の選手が出場した。

 各部問の優勝者ら18人によるトーナメント方式の「日本一決定戦」決勝で、中量級覇者の長門美咲(19)=兵庫=は、重量級覇者で、2022年ワールドゲームズ同級3位の実力者・久野愛莉(23)=石川=に敗れ、準優勝だった。

 長門は、名門・鳥取城北高の女子相撲部出身。現在は、神戸親和女大に通う1年生で、同好会で相撲を続けている。大学に土俵はなく、外に円を描いて練習し、その他は下半身強化のトレーニングに励むなど日々、工夫しながら鍛錬している。

 決勝では、世界大会メダリストに寄り切りで敗れ、「練習しないといけない。自分も負けてられない、もっと強くなりたいと思った」とさらなる向上心を口にした。他階級の選手や、ビーチバレー選手など他競技のアスリートも参戦した今大会。「楽しかった。相撲の楽しさをもっと知ってもらいたい」と願いを込めた。

 ◆大会形式 重量級、中量級、軽量級、小学1、2年の部、小学3、4年の部、小学5、6年生の部、中学生の部からなる「女子相撲選手の部」と、レジェンドの部、腕に覚えありの部、力士親族の部、お母さんの部からなる「力じまんの部」を実施。まず各部門の優勝者を決定し、その後、各部門の優勝者らで「日本一決定戦」を開催した。全てトーナメント方式で行われた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×