元陸上自衛官の五ノ井里奈さん、女子相撲大会に出場「苦しんでいる人に勇気を」奮闘3位に「めっちゃ楽しかった」

スポーツ報知
「腕に覚えありの部」に出場した五ノ井里奈さん(左)の初戦はベルサイユを引き落としで破った(カメラ・佐々木 清勝)

◆相撲 ▽女子相撲日本一決定戦 1日(東京・アリーナ立川立飛)

 国内の女子相撲大会としては過去最大規模の「日本一決定戦」が開催された。

 昨年、実名で性暴力被害を告発した元陸上自衛官の五ノ井里奈さんが「腕に覚えありの部」に出場。準決勝で優勝者に敗れたが奮闘し、3位に入った。

 今大会には「『生きる姿で勇気付けたい』と言ったので、こういう大会に前向きに出て発信し、同じく苦しんでいる人に勇気をという思いがあって参戦しました。こんなことがあっても前向きに生きていけると伝えていきたい」と強い思いで出場を決意。結果は3位だったが「めっちゃ楽しかった。もう5試合くらいしたかったです」と笑顔だった。

 来年以降も開催が決まれば「優勝を狙って、ちゃんと準備して出ます」と意気込む。2023年の新たな一歩に「楽しかったが一番。いいスタート切れたかなと思います」と充実の表情を浮かべた。

 ◇大会形式 重量級、中量級、軽量級、小学5、6年生の部、中学生の部からなる「女子相撲選手の部」と、レジェンドの部、腕に覚えありの部、力士親族の部、お母さんの部からなる「力じまんの部」を実施する。まず各部門の優勝者を決定し、その後、各部門の優勝者で争う「日本一決定戦」を開催。全てトーナメント方式で行われる。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×